文献の紹介

こんにちは、理学療法士の富田です。

 

 

皆さんも日々勉強し、

色々な文献を読んでいると思います。

 

 

 

 

他の方のブログを読んでいると、

 

 

 

その人が読んでいる文献を紹介していることがあるので、

 

 

 

自分も文献の紹介をしようと思います。

 

 

 

 

 

山田整形外科に来てから読み始めた本があります。

 

 

 

「Joint Structure and Function:

 A Comprehensive Analysis」

 

 

 

 

いきなり一発目から洋書の登場です!

 

 

 

タイトルを訳すと

 

 

関節の構造と機能

 

 

です。

 

 

 

洋書というと抵抗感がある人もいると思いますが、

 

 

この洋書は図も多く、字も大きめなので

 

 

洋書の取っ掛かりとして勧めています。

 

 

 

 

タイトル通り、

 

四肢の関節の運動学について深く学べます。

 

 

 

 

 

 

肩で言うと、

 

 

和書だと肩鎖関節や胸鎖関節についての説明は、

 

 

 

3〜4位で終わってしまっていることが多いですが、

 

 

 

この本だと、3〜4ページあります。

 

 

図が豊富で、

 

 

肩甲上腕関節の挙上時の、

 

 

胸鎖関節での鎖骨の動き、

 

 

肩鎖関節での肩甲骨の動きを

 

 

図に表わしてくれているので、すごく分かりやすいです。

 

こんな感じの図が沢山あります。

 

 

他の勉強会に参加すると、

 

 

見たことがある絵だなーと思うと

 

 

この本の図だったりすることもあります。(笑)

 

 

この洋書

 

来年に改訂版が出るみたいです。

 

Amazonで絶賛予約受付中です!(笑)

 

 

 

更なるステップアップに

 

 

読んでみてください!


コメント
コメントする








   

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>
**selected entries**

**categories**
**archives**
**search this site.**

**links**
**profile**
**others** **mobile**
qrcode
**powered**
無料ブログ作成サービス JUGEM